コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

恥を恥で塗りつぶす

誰かさんに更新することを強いられました。
まともな更新はおよそ9ヶ月ぶり、かな。4月のはツイートを保存したかっただけだし。締め切り3日前にゲームを仕上げる見通しだったのに、何故か文化祭当日の朝までウディタをいじってたあの日が9ヶ月前。まあ実際色々なことがあったし、それくらいの時間は経ってるか。今回はこの9ヶ月の回顧録アンド近況報告と行きましょう。

まずあの文化祭。ありがたいことにまた自分のゲームを廊下に展示してもらった。まあ他の皆さんが廊下にゲームを展示しようとしなかっただけだけど。多分宣伝になったかな、とは思うのだけれど、今回(9ヶ月前なのに今回というのもおかしいかもしれない)展示したゲームはどう考えてもああやって展示するゲームじゃなかった。その理由はシステムが微妙に独特であること、これに尽きる。よく言えばオリジナリティがあるのかもしれないけど、独特なせいで初見では操作がよくわからない。だからちょっと体験してみよう、みたいな感覚で遊ぶのには向いていなかった。一応操作方法は目に見える場所に書いておいたけど、それでも操作法を聞いてくる人がいくらかいたし。ああいう風に見本としてみせるゲームは、ありきたりなシステムの方が取っ付き易くて人を呼べると思う。今度ああいう機会があったらそこらへん気をつけたいなあ。後輩くん、これ読んでたらそこんとこ気をつけてね。
ゲーム自体は、まあ時間がなかったせいで一部の装備がぶっ壊れだったり、バランスがまずいことになってたけど、致命的なバグは特になかったし、概ね想定してたようなものが作れたので個人的には満足しています。ああ、でも人によっては実績コンプリートできないのは致命的なバグって言えるかもしれない。多分ありえないけど気が向いたらバグ修正・バランス修正して新バージョン作りたいね。

11月くらいに艦これを始めてました。ブルネイ初日提督です。そんな時期にバカじゃねえのって今でも思います。ちなみに後述の通り本命って言ってた学校に落ちたのは艦これのせいじゃないです。
金剛のキャラが面白いなってことで始めたら着任2日目の初戦艦で金剛が来ました。うん、物欲センサーもデレることはある。この後に強烈なツンが来て加賀や島風や雪風が来ても那珂ちゃんが来なかった(第3艦隊が開放できなかった)んです。いやー、物欲センサーの恐ろしさを味わった。なんだかんだ受験期まっただ中でも息抜き程度に続けて今じゃあ大鯨と武蔵以外の艦娘コンプリートです。バカじゃねえの。元から細かすぎる史実ネタとかが面白いとは思ってたんですけどね。絶対ハマるから始めちゃダメだって思ってたんです。その予想は大正解だったわけですが。色々な要素が東方と共通してるんだよね、そのせいで東方絵師が艦これ描いて、その絵を見た東方ファンが艦これに手を出して。この流れは確実に存在していたと思う。なんだかんだ艦これのラノベ片っ端から買ったりマンガも買っちゃったり、2,3年に1回くらいのハマりっぷりです。正直最盛期は過ぎちゃったんじゃないかって思ってるんだけど、アニメも控えてるし、そこそこの規模で長く続くといいなあって思ってます。

受験期はまあ大変だった。特に国立の直前はやばかった。食欲が全然湧かなくなって、それでも食べなきゃ体が持たないだろうから食べようとするんだけど、ちょっと食べると吐きそうになって。ストレス解消に艦これはちょこちょこやってたんですけどね。5-3とかいう鬼畜マップでハゲかけたけど。大鳳建造に30連敗くらいしたけど。それでもダメ元だったはずの大学になんか受かっちゃったり、センター利用が予想外にいい結果で私立大は好きなところに入れるみたいな感じで。ナンタラ細胞の大学は落ちたけど。まああそこは通学めんどくさいから別にいいやって思ってます。国立受験の1週間くらい前、私立大を1本に絞る時はだいぶ悩んだ。やりたい勉強により近い方を選ぶか、学校のネームバリューを選ぶか。こういう時はやっぱり塾とか相談できる場所があるのはありがたい。塾が宣伝目的でネームバリュー優先で薦めた可能性は否定しないけど。
実は、国立の受験直前になって、私立の大学の方がいいんじゃないかって気持ちになっていた。私立を1本に絞る時に学校について調べていると、その学校の良さがだんだんわかってきて、どんどん魅力的に感じてきて。国立に受かりたいっていう気持ちが弱くなっていった。試験前日の晩も赤本解いたりはしていたけど、正直受かりたいっていう執念とかはほとんどなかった。最後まで気持ちが持たなかったんですよね。だから最後に踏ん張れなかった。その点に引きずるものがないわけじゃないですけど、今の環境にはかなり満足しているから別に良かったって思ってしまう。気持ちが持たずに受からなかった今の自分と、何とか本命に受かってた世界の自分、どちらの方が満足しているんだろう。まあそんなことは考えるだけ無駄。今が良ければそれで良い。

春休みは宿題とかはないけれど、新しい環境への不安がすごかった。親しい間柄の相手はいない、男女比は偏ってる、ユニクロマンの自分なのにおしゃれな学校、馴染めるかどうかが不安で仕方なかった。考える度に自分の高校生活が恵まれていたことを痛感した。今ではだいぶマシになったけど、思い出に囚われていた。いい高校生活だったよ。最後の体育祭のマスコットが一番のトラウマな程度には。今でも1,2ヶ月に1回はみんなと集まれるけど、やっぱり寂しい。早く大学の人ともそれくらい仲良くなりたいなあ。

大学は思ったよりも適応しやすい環境でした。まだ完全に適当しきれたかはわからないけど。定期券の範囲がいい感じに広いのが良い。駅からすぐ学校に着くのがいい。高校とは比べ物にならないくらいトイレがきれいなのが良い。まあ良いところはいっぱいあった。サークルは兼サーしつつも漫研がメインになりつつあります。漫研。雰囲気がコミュ障オタク気味だったのが最大の決め手です。ウェーイ系のオタサーはちょっと怖いのだ。部室にあったHELLSINGとか咲-Saki-阿知賀編とか読みました。自分が今まで手を出してなかったジャンルのマンガが読めるのはありがたい。
で、無謀とは思いつつマンガを描き始めました。新歓で「大学からの人もいるから大丈夫」って言われたのに1年のマンガ描きで多分自分が一番絵の経験が浅いです。常に誰かより優位じゃないと死んじゃう病気にかかってる人間なので少しでも早く画力上げて優越感に浸りたいです。
つい先日、レポート地獄をくぐり抜けながら処女作ちゃんを描きあげました。1Pで完結。テーマが「魔法少女」に決まった時は、ネタが出なくてヤバイと思った。実際全然自分が描けそうなネタが出なかった。ネタが出た後もキャラデザが大変だった。それでもぎりぎり間に合って、なんとか部内の合同誌に載るみたいです。マンガを描くのは難しかったけど面白かったです。表情を描いてる時が一番面白かった。激しく心が揺さぶられている表情が特に面白かったので、そのうちエロ同人でありそうな表情とか描き始めてると思います。1ヶ月後には夏コミに出すらしいオフセ本の締め切りがあった気がするので、それまでにネタ考えながらいい加減トーンとかちゃんとしたペンとかある程度使えるように練習します。うん、がんばろう。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

私的最近の小説の読み方。

(ちょっと記録に残しておきたいのでツイートをそのままコピペします)



最近、小説の読み方が変化してきた。今までは物語とそれを読む自分の2つの次元だけを考えながら読んでいたんだけど、そこに物語を書いてる時の作者っていう3つ目の次元を考えるようになった。

大学受験の国語みたいな「作者はここでこういう効果を狙った」っていうのは自分にとって物語の次元。作者はここを書いてる時こういう情景を思い出しながら書いたっていうのが作者の次元。

こういう考え方になっていった理由だけど、長い間遠く離れた天上人のように思ってた小説家というのが、プロアマの境にこだわらなければ実は身近な存在だっていうことを知ったからだと思う。小説家は別世界の人間でなく、同じ世界に存在しているんだって。

しょうしょう逆上せた考えかもしれないけど。
コンテントヘッダー

今日は楽しい文化祭

今日と明日は高校生活3回目の文化祭である。自分はこの日に物理化学部での活動の集大成を出すために夏休みが始まる前から少しずつゲームを作っていった。実際は去年の9月から文化祭を見据えてゲームを考えたりはしていたが、いずれも完成させるまでのモチベーションを維持することは出来なかった。1年前のゲームもそうだったし、自分は期限が迫ってこないとやる気が出せないタイプなのだろう。というかそうに違いない。
今回のゲーム製作もそうだった。2週間前には順調に行けば文化祭の2日前には完成している予定だったのが、途中でうっかり東方に手を伸ばしてしまったり、同窓会に行ったり、関係ないことをしながら制作していった結果、当日の早朝に完成するという結果になってしまった。予定通りに動くことが出来ないというのはあまり、いやかなり良くないが、なんだかんだで期限内に間に合わせているのだから問題無いだろう。そしてこう考えているから自分もこのギリギリまで仕事をしない悪いクセを治そうとしないのだ。

自分はこの部活に入ってからの2年と数ヶ月、結局はウディタしかいじらなかった。HTMLなども少し勉強したが、ゲーム製作に関してはウディタのみである。その間完成させたゲームは2本(5時間で作ったアレを含めると3本)。考えただけのものなら20本ほどあると思うが、いずれも前に述べたようにモチベーションは持たない。しかし、それらの未完成のゲームは確実に自分の成長の糧になっていた。今回製作したゲームは今までの失敗を反省し、製作に取り掛かる前に出来るだけ細かいところまでどのようにするかというのを考えた。その結果、致命的な計算ミスによるバグに苦しまされたり、後から考えたシステムと新しく思いついたシステムが互いを邪魔しあったりするという事態に陥らずに製作していくことが出来た。また、かつて頭の中でどう動くかを思いついても計算式が思いつかず実現することが出来なかったプログラムも、それまで作ってきたプログラムの応用により作ることが出来た。自分の成長を実感することが出来るというのはとても喜ばしいことだ。費やしてきた時間が無駄ではなかったのだから。

このゲームを作っていて気づいたのだが、自分が創作をしていて思っているのは、「楽しんでもらいたい」という相手の為の感情ではなく、「つまらないと思われたくない」という自らに対する気持ちであった。ここで自己中心的な自分の思考にほんの少しだけ軽い自己嫌悪に陥りかけたが、この気持ちは創作者なら誰でも抱くものではないのか、そもそも自分の創作は自分が作りたいからというのが理由ではないか、と考えそれは回避した。実際ゲームを作っていると「これは本当に面白いのか」と不安になってくる。自分の場合自分で自分のゲームを評価してみてもあまりよいものに思えず、その不安がより大きい物になっていく。そして最終的にはいっその事ゲームの製作をやめたくなってしまう。完成した時の達成感を知っていてもその気持ちは容赦なく自分の創作意欲を攻撃してくるというのを知った。こういったことを考える度に思うのだが、自分は創作に関しては自己顕示欲をもっと強くしつつ周りの目を気にしない方が良い。変に取り繕わずにそのままの自分の実力、意思を知ってもらえたほうがずっと楽に違いない。そう考えているのに、自己顕示欲を抑えようとするのだ。


最終的に何を言いたいのかわからなくなってしまったが、自分の頭の中を整理することが出来た。昼夜逆転してしまいそうなほど危うい睡眠時間の取り方をしてしまっているのが不安なのだが、最後の文化祭に臨む。落描きのネタを考えながら1時間ほど寝て学校に行こうと思う。
コンテントヘッダー

日記の書き方をまた変えてみるプレイング

今年もすでに半分が終わった。「もう7月か、ついこの間まで5月だった気がするのに」そんな風に早くも感じれば、「1月からここまで、色々なことがあったなあ」と、長くも感じる。自分は、この半年を長く感じるのは幸福なことだと思う。何も印象に残るようなことがなければ、きっと同じ時間でも短く感じる。長く感じるというのは、それだけ印象に残る経験を多く積めたということなのだろう。

およそ1ヶ月半前、博麗神社例大祭に参加するにあたってPixivで宣伝を見て回ってどこのサークルを回るか考えていた時、小説の同人誌の宣伝を見つけた。それまで自分は積極的にSSや小説の二次創作を調べたことはあまり、というかほとんどなかった。漫画や手書き動画などよりもぱっと見で自分の趣味に合うかどうか判別しづらく、また特に理由もなくあまり面白いイメージがなかったからだ。いつもの自分であるのならば、このような理由で特に手を付けることもなかったのだろうが、この時の自分は気まぐれにその小説を書いた人の過去作を試しに読んで見ることにした。この気まぐれが大きかった。自分はこの過去作に飲み込まれた。考えてみると今年に入ってから買った本というのは漫画か参考書くらいのもので、長文を読むといっても現代文の問題を解く時くらいで、長らく趣味で小説を読むということは無かった。この小説は文章の構成、そして情景描写、心理描写において見事に自分の好みを射抜いていた。当然すべての小説がそうというわけではないのだが、久しぶりに読んだ小説に魅了されたことによって、自分は「小説」というものの面白さをその時になって確認することが出来た。このことによって、自分はこの時から小説・SSにも手を出すようになった。
小説・SSに手を出すようになった自分は、いつしか創作意欲もそちらに向き始めていたことに気付いた。人を楽しませる文章を書きたい。そう考えている。今までまともに小説を書いたことがなく何が大変なのかをわかっていないので、きっと自分でもそれなりのものが書ける、そういう舐めた考えを持っている自分がおそらく、いや確実にいる。なので実際に書き始めると間違いなく完成前に壁にぶつかり、立ち止まるだろう。しかしそれを恐れていてはなにも始まらない。始めることが大切なのだ。
思えば自分は昔から何かを作るのが好きだった。そしてそれを人に見てもらい、楽しんでもらい、褒められるのが好きだ。注目の的になるのはあまり好きではないが、人からできるだけ高い評価を得たい。その欲求はこの先も失われる事はないと思う。ゲーム製作を始めたのも、絵を描き始めたのも、そうした欲求による部分がある。無論、それだけではなく、やっていて楽しいからこそそのような活動に取り組めてきた。今回小説を書くことに興味を持ったのもそれらと全く同じ理由だ。自分も人を楽しませる文章を書きたい。そしてそれを読んだ人に褒められたい。我ながらまるで子供のような行動原理に感じるが、もはやそれに嫌悪感を抱くことはない。自らの満足感の為に行動する、それが人間なのだと考えているからだ。
大学に入ることが出来たならば、今よりも創作活動に力を入れたいと考えている。大学で学ぶことを創作に生かして行きたい。文系の大学生は時間がたっぷりあるというし、あとはお金と勉強だけ気をつければ何の問題もないはずだ。未だに自分には就きたい職業というものが具体的に見えていないが、大学でやりたいことはやっと見えてきた。人はこれを何と言うか知らないが、今の自分にはそれで十分だ。好きなことの為に大学を目指す。これだけで希望が見つけられる。

続きを読む

コンテントヘッダー

【5月1日水曜日】偶然

昨日は生まれて初めて絶叫マシーンというものに乗りました。今まで乗ってなかったのは怖かったっていうのもあったんですが、そもそもジェットコースターのある遊園地に行くっていうのが10年ぶりくらいだったので身長制限を満たしたことがありませんでした。乗ってみた感想は、急降下するときの感覚がとても印象に残りました。今でもなんか落下してるような感じが残っていてクラクラします。吐き気はないけど気持ち悪いです。なのに合計4回くらい乗りました。まあ楽しかったのでよしとします。ただ絶叫マシーンっていうのは、スリルにヒヤヒヤするよりも悲鳴を上げまくってる人の近くにいた方が面白いってことがわかりました。お隣さんのビビりっぷりに腹筋がやられかけました。また乗りたいですね、一緒に。


GW期間中は素晴らしいことに塾がないので、時間に余裕が無いと出来ないことをやろうと思い、今日は体験した出来事の一部を頑張って4コマ漫画に描いてみました。4コマ漫画なんて小学生の頃ノートや教科書に落書きしてた以来です。現在、「なんで4コマ漫画なんか挑戦したんだ、画力も構成力もないのに」と絶賛賢者タイム中ですが、せっかく描いたので貼ります。絶叫マシーンに乗った後、乗り場の近くで休憩してた時のお話。
5_1_1~4_50


絶叫マシーンの乗り場って、基本的に少し高いところにあるじゃないですか。それで、壁なんかなくてだいたい柵で仕切られてるじゃないですか。そこで柵の近くにミニスカの人が来て、偶然ソッチの方を見たら、角度の問題で、見えちゃったわけです。偶然。故意ではなく、事故。まあ見えていい(のであろう)もの履いていらしたんですけどね。ただ、自分としては「スカートの中身」よりも「スカートの中身が見えた」っていう事に大きな意味を感じるんです。これ以上は止めておきます。

4コマ漫画を描いてみた感想。
オチの付け方がわからない。マンガとしての演出がわからない。何もわからない。勉強不足。難しい!3コマ目が描いてて難しかったです。スカートの中が見えるようなアングルってよく考えたらほとんど描いたことなかったです。さっさと終わらせたかったのでミスっても気にせず進めました。パンツと足の関係がエラい事になりました。男の右手が左手になりました。もうちょっと、スカートの中身が見えたってことを強調したほうが良かったかな。2コマ目も、あのテーブルの位置じゃスカートの中見える角度にならないよね。素の画力と思考が全然足りませんでした。もっと考えて描かないとな…。次描く時はもうちょっとマシになるように頑張ろう。

では、この辺で。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

894

Author:894
デュエリストでポケモントレーナーでチャーケニストでジャンプ好き。クルマユ大好き。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。