コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

遊戯王の公認大会に行って来ました

公認大会の賞品であるトーナメントパックの幻獣機トークンが欲しかったので、
先攻ナチュビで相手をいじめるのが趣味の友人と公認大会に行って来ました。

公認大会の会場のカードショップは、去年の年末くらいに出来た新しいショップで、
初めて行く場所でした。一応事前にネットで場所を確認しようとしたんですけど、
地図を見てもよく分からず、迷いに迷って間違っていかがわしいレンタルビデオ専門店に
入ってしまったりしながら、結局友人に電話で場所を詳しく教えてもらって到着しました。
この時気になったのは、自分はすでに見方によっては18歳以上に見えなくなったのかな、ってことでした。
だからって18禁のグッズを買いに行ったりはしないですけど、少し微妙な気分になりました。

今回使ったデッキはいつもどおり【スクラップ】です。厳密には【メタビスクラップ】です。
周りからはメタビとしか呼ばれません。スクラップだって言っても信じてもらえません。
それはまあライオウだけでビートしちゃう事もあるけれど。
最近は更にフォトスラも3枚で光が多いって理由でオネストまで入ってるけど。
しかし間違いなくスクラップなんだ。一応メインデッキには「スクラップ」と名の付いたカードは12枚入ってる。
黒い旋風1枚だけのBFだって【旋風BF】なんだから、自分のデッキがスクラップじゃないわけない。
と、いうわけで【スクラップ】です。

大会の形式はトーナメントでした。
てっきりスイスドローでじっくりやるのかなって思ってたんですが。
参加人数は20人です。

と、いうわけで1戦毎の反省を始めます。



1回戦【X-セイバー】 ○×○(←なんか顔文字みたいで可愛い)

1戦目、ジャンケンは勝ちで先攻をもらいました。先攻で閃珖竜作って、次のターンにライオウ立てて、
ダークソウルのサーチをしっかり潰して、ボガナイの効果はヴェーラーで止めて、
ビートし続けて勝ち。スクラップのカードは最初のシンクロ召喚にしか使いませんでした。
それでもこれは【スクラップ】だ。
2戦目、相手の先攻。先攻でなんか色々回されました。フォルトロールとか。
手札にヴェーラーは居ても他のカードが弱く、ヴェーラーで止めてもフォルトロールは
また次のターンに効果を発動できるような状況。温存しておくことにしたら次のターンには
ガト緊で更なる大量展開。圧殺されました。X-セイバーは回させちゃいけない。
3戦目、こちらの先攻。またしても先攻閃珖竜。しかし相手にクリムゾン・ブレーダーを召喚されてしまう。
打点で勝てない。モンスターを戦闘破壊されたらシンクロ召喚を封じられてしまう。
やばいと思っていたら、やばくなる前にスクラップ・キマイラを引くことができ、
スクラップ・ドラゴンでしっかり除去することが出来ました。その後もガト緊など発動されて
危なくなりましたが、バックが整っていたので防ぐことが出来、そして勝利。
やっぱりスクラップ・キマイラが強い。1枚のカードでスクドラかランク4を召喚できるってすごくいい。
これが出来るから【スクラップ】は楽しいと思いました。


2回戦【暗黒界】 ×○○

またジャンケンに勝つことができ、先攻。さらに先攻閃珖竜にも成功する。
しかし、良い感じに回った暗黒界の前には閃珖竜はあっさり突破されてしまいました。
2戦目、サイドからヂェミナイ・デビルにサイクロン、ついでに炎星対策だったオーバー・スペックも投入。
ちなみにサイチェンしたカードはサイクロンしか引きませんでした。デビル仕事しろ。
しかしライオウでスノウに嫌がらせしたり、スクドラで門やグラファを突破、メロウガイストで
トランスデーモンやクリッターを安全に除去、地道にビートしていって勝利。
相手のやることを尽く潰していく。それがメタビ。最近のデッキは潰せないと殺されるから仕方ない。
2戦目にかなり時間を使い、3戦目に入るタイミングでエクストラターンに突入。
なかなか不利な気がしなくも無かったですが、手札が強かった。
具体的にはデビル、オネスト、フォトスラ、ビースト、あと何か2枚(忘れた)。
デビルは使わなかったんですけど、相手がグラファを召喚したあとこちらは
閃珖竜を攻撃表示で召喚。手札にデビルが居たのでハンデスをそこまで心配せずに
返り討ちにする気マンマンで閃珖竜を攻撃表示で出せました。
この状況で攻撃表示は少し露骨すぎるかな、それともブラフと思われるかなと考えながら相手のターン。
デスガイド召喚を止められず、「うわ、やばい!」って雰囲気を出すように頑張りながら
攻撃を待つ。結果、グラファが閃珖竜を攻撃してきてくれて、ダメージ計算時にオネストの
効果でグラファを破壊しつつ2500ダメージを与え、勝利することが出来ました。
メインにもエクストラデッキにも光属性が多いから活躍できるんじゃないかって思いながら、
最近試していたオネストなんですけど、大活躍でした。相手の方はかなり吃驚していました。


3回戦【チェーンビート】 ○○

ジャンケンに三度勝利。そして手札にはフォトスラとビースト。
この辺から今日のリアルラックの高さに自信を持ち始めました。
今回は前2戦と違って手札に罠が充実していたので先攻スターダスト。そして3伏せ。
相手のターン、出てきたサンダーバードに警告を撃つ。そして自分のターン、
スタダで攻撃すると発動されたのは旅人の試練。ギャンブルはしたくないのでサイクロンで
割ろうとしたら、強制脱出装置がスターダストに。しかしそれには聖槍で対応。
聖槍って本当に強いなって思ってたらそれにチェーンされて積み上げる幸福を発動され、
2枚ドローされてしまいました。チェーン合戦は緊張感があって楽しい。
その後はライオウを立てたりしながらビート。スクドラは奈落の底に消えて行きました。
サイドチェンジはチェーンビートのメタなんて思いつかないので、
死ぬ気でサンダーバードとラビットを止めるために警告を投入。
2戦目、相手の先攻。ライオウに加え色々セットされて怖かったけれど、手札にフォトスラが複数いたお陰で
相手の罠を踏んできてもらえて、ライオウ除去も行えました。その後は相手の方が派手に事故り、
フォトスラでビートし続けて勝利。今思うと、フォトスラってチェーンを組まずに特殊召喚できて、
なおかつ効果を使ったサンダーバードより打点が高いから、かなりチェーンビートに相性がいいんですね。


決勝戦【暗黒界】 ×○×(←やっぱり顔みたいで可愛い)

決勝戦なんて初めてだったので終始心臓バクバク、手はブルブルでした。
ジャンケンは当然勝利。そして手札にはフォトスラとビースト。
こんなにラック使って大丈夫なのかと不安になっていました。
先攻閃珖竜でじわじわ行こうかなって考えてたら地道にバックを剥がされ、
うっかりメタポを叩いてしまい手札補充され、どんどん回されてしまいました。
そして敗北。
サイドチェンジは2回戦と同じくサイク、デビル、オーバースペック。
ライオウを立てながらビート、と思っていたらハンデスされるわグラファでライオウ割られるわ
されました。しかしハンデスのお陰でビーストを安全に墓地に送ることができ、
スクラップ・キマイラが全く事故につながりませんでした。尽く警告で潰されましたが。
終盤、閃珖竜でビートしようとしたところ、スキドレと激流葬を発動され焦りましたが、
相手の方がチェーンを1、スキドレ(こちらは発動せず)2、激流葬と組んだお陰で
閃珖竜は自身の効果で守られ、ライフを削り切る事ができました。プレミがなかったら一体
どうなっていたのか。スキドレ張られたらキマイラも死ぬから1枚じゃ逆転できなくなっていた。
3戦目、相手が先攻。初手手札抹殺からのグルグルを恐れていたんですが、それはなかったので良かったです。
しかし、バックがあまりに厚い。閃珖竜は警告、キマイラは手札から捨てさせられる。
それに加えまたしてもメタモルポットを叩いてしまう。しかもその時こちらの手札には
キマイラ蘇生サイクロンとキーカードがかなりあったため、かなりの痛手になりました。
それから進んで、このデュエルもエクストラターンに突入。暗黒界相手だと長考が増えるんでしょうか。
その時自分はLP3700、相手は宣告や警告の使用が祟ってLP750。ガンマンを出せれば削りきれる数字でしたが、
こちらはフィールドにも手札にもモンスターがいませんでした。
一方相手の場にはレヴュアタンとスノウ。
キマイラを引ければ勝ちの場面。しかしデッキにはキマイラは1枚しかいない。
決死の思いで引いたカードはフォトンスラッシャー。ぐぬぬと思いつつ召喚しスノウを攻撃。
相手のLPを350まで削りました。それでもこのままじゃどうにもならない。
しかしこの時自分の場にはオーバースペックが伏せてありました。
相手が門を発動して、モンスターの攻撃力を上昇させたら、全てのモンスターを破壊できる。
なんとも奇妙な状況ですが、相手が門を引くことを願いました。
どうやら自分のドローに関さないことなら本当に運が来ていたらしく、門を発動してくれました。
この後ベージが召喚され、グラファが現れる。ここでプレミを犯してしまいました。
うっかり自分はベージ召喚時にオーバースペックを発動し忘れました。
もしここでオーバースペックを使っていれば、ベージが墓地に行った上で、グラファも出ませんでした。
結局グラファが出た後にオーバースペック発動。ひっそりレヴュアタン効果で手札にレイヴンが加えられました。
しかし蘇生を発動され、蘇るグラファ。フォトンスラッシャーが破壊されます。
相手の手札にはベージとレイヴン、墓地にはまだグラファが。
次のドローで決めるか守りの一手(特に無いけど)を引かないと負けてしまう。
そして自分は、フォトンスラッシャーをドローして、次のターンレイヴンから色々されて
オーバーキルされたのでした。先ほどのプレイミスはあまり絡んでいませんが、
これからは気をつけなくてはいけないと思っています。というか常識じゃなかろうか。


と、いうわけで準優勝という結果でした。これまでで一番いい結果です。
嬉しいです、悔しいですが。
悔しかったんですけど、やっぱり遊戯王はとても楽しかったです。
最後の最後なんて1枚のドローで勝敗が決するって感じでとても緊張感がありました。
フォトスラでしたけど。2枚連続で。試合の後もう1枚めくったら更にフォトスラでしたけど。

参加者のデッキですが、自分の見えたところだと炎星王が2人、炎星クリッドが1人、水精鱗が1人、
炎王1人、暗黒界2人、カラクリ1人、チェーンビート1人、ノースウェムコ1人、闇属性1人、
X-セイバー1人、スクラップが自分含めて2人だったと思います。残りは知りません。
本当に群雄割拠してますね、色々なデッキが上位を狙っている。
こういう環境は大会を見ているだけでも面白いですよね。

目当てだったトーナメントパックは銀袋を2つと金袋を1つもらいました。
目ぼしいカードはヒステリック・パーティと原始太陽ヘリオスでした。ともにノーパラ。
ヒステリック・パーティが手に入ったからハーピィを組むのもありかもしれない。
そんな事を考えていますが電光千鳥が高いのでわからないです。

というわけで、遊戯王わからない人にはさっぱりな久々の更新でした。
関連記事
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

894

Author:894
デュエリストでポケモントレーナーでチャーケニストでジャンプ好き。クルマユ大好き。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。